世界における野球

野球用品の中でも成績に直結しやすいものは?

野球用品の中で最も気をつけて選ばなくてはならないのがグローブとバットです。
ユニフォームはどこで買ってもそれほど大差はないのですが、バットとグローブは成績に直結する差が出る場合もあります。
プロの選手も多くがバットとグローブには人一倍のこだわりを見せています。
侍でいうところの刀に当たるのがバットで、重さや長さをある程度調整できるので、自分にぴったりなサイズのものを見つけ出すまでに試行錯誤が必要になります。
ベストなものを見つけられたら、打率アップやホームラン数の増加が見込めることでしょう。
グローブは、エラーの数を少なくするためには重要なアイテムとなります。
グローブはとくに、毎日のケアがとても重要になります。
革でできているので放置しておくと状態が悪くなってしまいます。
毎日オイルを塗りこんでなじませ、柔らかくしていく作業が必須となります。
手に馴染むグローブを使わないと、早い打球の処理は非常に難しくなります。

野球用品の素材について

皆さんは野球をしたことや見たことが1度はあることでしょう。
そのとき使うバットやグローブの野球用品がどんな素材でできているかご存知でしょうか。
まず、バットについては木製と鉄製があります。
木製は、強度が鉄製に比べて弱く、試合などでピッチャーがバットをへし折ったなどというときはバッターが木製を使っていることが分かります。
また、プロの試合では木製はボールとの相性の良さから好んで使われます。
一方、鉄製のバットは何も巻かれていない木製と違いグリップにゴムが巻かれてついています。
鉄製は打った時にカキーンと音がするため、高校野球などで見たことがあるのではないでしょうか。
次に、グローブについては牛革でできているものがほとんどでボールがすれてもやぶれにくく、ボールがぶつかったときの衝撃を和らげるのに向いていることが理由です。
さらに、バットもグローブも作るのは主に職人の手作業でよく見てみると芸術性もあります。
このように、素材について調べてみるのも面白いですよ。

Favorite



最終更新日:2019/5/23